Tryout(海外プロ野球トライアウト)

“全米最大規模“のトライアウトプラットフォームであるカリフォルニア・ウィンターリーグの最大のメリットは?

No.1 一箇所にMLBスカウト陣、プロ野球監督・コーチ陣が集まり、試合形式の中でテストを行うことが出来ること。

No.2 全米最大規模のプロ野球独立リーグであるフロンティアリーグと提携していることで、契約チャンスが多いこと。

No.3 一箇所でテストを開催するため移動コストもかからずに参加費用がお得です!!

※フロンティアリーグについてはこちらをクリック


アメリカ、日本独立リーグやヨーロッパにおいてプロ野球選手になりたいと考える選手と、効率的に良い選手を確保したいと考える MLBチームやプロチームの監督・コーチ陣を引き合わせる機会が、「カリフォルニア・ウィンターリーグ」(以後、CWL)と呼ばれるスカウティングリーグの目的です。

広大な国土を持ち、プロチームの組織数もチーム数も多いアメリカでは、スカウト陣が大学や高校を1つひとつまわって優秀な選手を発掘するのは至難の業です。選手にとっても、多額の費用と時間をかけてチームを回るとなると、アメリカ国内選手でも60〜100万円ほどの出費を覚悟しなければなりません。

そこでCWLでは監督・コーチ、スカウト陣と選手を一箇所に集めて、チーム編成を行い、1ヶ月間に渡り試合を行います。スカウト陣の目に留まれば、その場でプロ契約をすることが出来ます。また、CWLは選手をプロ契約するという目的において全米で最も成功したスカウティングリーグでもあります。2010年からスタートし、これまでの11年間で600名以上の選手がプロ契約をし、13にも及ぶMLBチームと40名以上の選手たちが契約やキャンプ招待をされています。


CWLはこんな人たちにオススメです!!

MLBスカウトやプロ野球監督・コーチ陣・契約選手たちの声は以下からご覧下さい。


【リーグ概要】

(期間)

2021年度 1月18日~2月15日(1月18日現地アメリカ入り、2月15日現地アメリカから日本に向けて帰国予定)

(開催場所)

カリフォルニア州パームスプリングス(ロサンゼルス空港からバスで2時間弱です)

※詳しくはこちらをクリック


【参加費用】

・一般参加費用=$3500 (アメリカ人選手の一般参加費用)

・CWL(弊社)日本語サイトを通じての申し込み=$2650(※1ドル100円計算の場合2650ドル×100円=26万5,000円)+$100ドル(ロサンゼルス国際空港からパームスプリングスまでのおよそ2~3時間のバスでの移動費用)+CWL公認コーディネーターの申し込み代行等手数料(5,9000円)  ※2019年10月より消費税改定に伴う10%が含まれます。参加費用はドルのレートで変更します。

※短期(2週間~)参加も可能です。過去にBCリーグ富山サンダーバーズの中山ピッチングコーチなどが短期研修という形で参加しています。またトレーナーやフロントのインターンとしての研修も可能です。参加費用はご相談下さい。

※詳しくはこちらをクリック


このリーグに関しての詳しい情報は以下のリンクから確認下さい。

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式日本語サイトはこちらから】

【カリフォルニア・ウィンターリーグ公式Facebook Pageはこちらから】

 

Copyright (C) bmi-2006.com All rights reserved.