カリフォルニア・ウィンタリーグにベースボールチャレンジリーグからのスカウトが決定しました!

“ベースボールチャレンジリーグの公式ウェブサイトはこちらをクリック“

1ヶ月間に渡り行われるアメリカ最大規模のスカウティングリーグであるカリフォルニアウィンターリーグに日本最大規模のプロ野球独立リーグであるベースボールチャレンジリーグが選手のスカウトに来ることが決定しました。これにより日本人選手にはアメリカ、ヨーロッパ、日本でもプレー機会を得るチャンスが広がることになりました。

このリーグは過去8年間の開催で350名以上のスプリングトレーニング招待、またプロ契約者を輩出している全米最大規模のトライアウトリーグになっています。過去の日本人契約者一覧は下記のリンクを確認下さい。これまでにアメリカプロ野球、ヨーロッパ(フランス、チェコ共和国、オーストリア、ハンガリーなど)などと多数の契約者が決まっています。また、このリーグからはアメリカプロ野球チームとの契約を果たし、その後日本のプロ野球にドラフトされた菊沢竜佑投手などがいます。

2017年度には弊社代表である三好貴士も現在監督を務めるアメリカのプロ野球チームであるソノマ・ストンパーズに3人の選手をこのリーグから契約しています。

日本人選手には更なるチャンスになるでしょうから、やる気のある選手たちの参加をお待ちしています!!

“過去の日本人契約者一覧はこちらをクリック“

“カリフォルニアウィンターリーグ公式Facebookページはこちらをクリック“

“カリフォルニアウィンターリーグ公式You tubeチャンネルはこちらをクリック“

“リーグ参加の申し込みはこちらをクリックして下さい“

 

 

 

Copyright (C) bmi-2006.com All rights reserved.

BMIのミッション。

オーストラリアはシドニーの地で弊社クライアントの安田裕希選手、平松龍矢選手が再会を果たしました!

ここで一つ付け加えておきたいのが、彼らは日本滞在中にチームが決まっていてオーストラリアに渡ったわけではありません。事前交渉はもちろんありましたが、チームと約束があったわけではないのです。彼ら自身が現地で自分を売り込み、プレーする機会を勝ち取ったからこそ今現在オーストラリアでプレーできている事実があります。

BMIでは各国に様々な日本人のみならず、選手の移籍や契約を含めたキャリアサポートをさせてもらっています。チームとの交渉も我々の大切な役割ではありますが、それはあくまで我々の中では「おまけ」にしかすぎません。

本来の我々BMIの大切なミッションとは、自ら行動し、自分のポジションは自分で勝ち取る地力・自立心(社会に出ても通用をする)を身につけてもらう事が我々の使命であります。その為に日々、クライアントには色々な課題を課すこともあります。時には本人たちにとって厳しい要求と感じることもあるかもしれません。しかし、今の限界を越えない限りは目の前の景色を変えることは不可能と言っていいでしょう。

安田選手、平松選手は今回それを体現してくれました。そして、ほかの選手達もそれぞれがチャレンジを続けています。ぜひ今後とも暖かい目で見守っていただければと思います。

s__25419802

 

 

 

Copyright (C)  bmi-2006.com All rights reserved.